保険会社から提示された示談金が納得できない、不満があるとき

保険会社から提示された示談金のトラブル

交通事故に巻き込まれてしまう可能性というものは、誰にでもあります。例え本人としては安全に気を配っているつもりだとしても、相手側の不注意などで事故にあってしまうということを防ぐというのは難しいからです。ただ一方で、事故にあうということはなかなか実際にはあるものではないので、事故後の処理などで不明点があったり問題が起きるというのもよくある話と言えます

そして、そんな交通事故後の処理で最もよく聞くトラブルが、示談金についてです。示談金とは事故が起きた際に加害者側から被害者側に払われることになるお金のことで、多くの場合は実際に損害を受けたものなどを補填する賠償金に加えて精神的被害を被った分の慰謝料が付加されることになります。

しかしここで問題と言えるのが、実際に受けた被害額というのは算定しやすいものの、慰謝料部分については明確な基準がないということです。明確な基準がないと何が困るかというと、例えば交通事故後に相手の保険会社などから提示された示談金の額が果たして多いのか少ないのかといったことが判断できないのです。

結果、本当ならもっともらえるはずの金額よりもかなり少ない額で示談に応じてしまう可能性があります。これは非常に問題だと言えるでしょう。

相場や手続き

とは言え、先ほども書いたように交通事故はそうそう起きるものではないので金額の相場が分かるという人はあまりいません。保険会社はそういったことのプロでもあるのですが、相手側としては示談金を少なくしたいと思うのは当然なので金額を少なめに提示されてしまう可能性はあり得ます。では、金額に納得できないときはどうしたら良いのでしょうか。

そんな時におすすめなのが、弁護士に示談を依頼するということです。弁護士はこういったことに関するノウハウのプロですので、相手の保険会社がもし少なめに金額を提示してきたとしても気づいてくれます。もちろん金額の交渉も本人が行うよりも納得できる金額にしてもらえるでしょう。また、他にも弁護士に依頼するメリットは数多くあります。

まず言えるのは、弁護士に依頼することで面倒な交渉事を任せることができるということになります。ただでさえ交通事故によって身体的な被害を受けているときに示談金の交渉をプロである保険会社とするというのはかなりの精神的負担となるのは当然です。

しかし弁護士に全て任せていれば、こういったことで思い悩む必要が無くなります。納得できる金額にすることも重要ですが、巻き込まれた事故で精神的に消耗することを考えれば大きなメリットだと言えるでしょう。

メリットのほうが多い

とは言え、弁護士に頼むと費用が余分にかかるのではと思う方もいるかもしれません。しかし結局のところ弁護士に依頼しないと金額を少なくされてしまうと考えれば、費用を差し引いても他のメリットがある分お得だと言えます。

また、自動車保険の特約で弁護士特約がある場合は入っておくとこういった場合に弁護士を無料で使うことができるのです。事故に巻き込まれた場合で自分の責任はないと主張する場合は被害者側は保険を使うことはできないのですが、弁護士特約はそれとは別なので特約を使って弁護士に依頼することができます。こうすれば特約で付加される金額だけで弁護士が使えるのです。弁護士特約はかなり少ない金額で付与することができるので、入っておいて損はないと言えます。

示談は慎重に進めないと相手の都合に合わせて損をしてしまうという可能性が多くあります。そういったことにならないよう、できるだけ示談のプロである弁護士に依頼して任せるようにした方が良いと言えるでしょう。そのためにも自動車保険に入る際は弁護士特約にも加入することをおすすめします。