保険未加入の車と交通事故を起こしてしまった無保険事故の対処法

二種類の自動車保険

自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2つに分けられます。
自賠責保険は強制加入の自動車保険であり、加入していない車では公道を走行することは禁止されています。対して任意保険は任意加入の自動車保険なので、加入していない車でも公道を走行することは許可されています
ただし事故を起こした場合は自賠責保険だけでは損害賠償を負担しきることができないため、任意保険に加入してあらゆる交通事故の賠償を補う目的があります。

そもそも自賠責保険は被害者が受けた怪我、後遺症、死亡による対人賠償のみを目的とした自動車保険です。ただし、賠償額の上限が決まっており、相手が受けた被害状況によっては自賠責保険だけでは補償しきることができません。
損害賠償は自己破産等できないので、財産を売り払ってでも支払う責任があります。
そこで任意保険です。任意保険でも相手への怪我、後遺症、死亡への賠償ができますが、賠償額の上限に制限はありません。もちろん契約により上限を設けている方もいますが、基本的には無制限でかけているものなので数億円の賠償でも任意保険に加入しておけば補償しきることができるのです。
さらに任意保険では対人賠償のみならず、物に対する賠償を行う対物賠償、単独事故による賠償を行う自損事故保険、自動車の搭乗者全員の賠償を行う搭乗者傷害保険など7つの保険でカスタマイズできるようになっています。事故の中でも賠償額が膨大になる可能性があり、相手へ確実に賠償するために対人賠償と対物賠償は加入が必ず必要とされており、また、賠償額は無制限でかけておくべきとされています。

任意保険のポイント

さて、カーユーザーにとって無視できない任意保険ですが、加入率は約70%だとされており、決して高くはありません。自分が加入していれば相手への賠償は安心ですが、もしも未加入の自動車と交通事故を起こしてしまった場合には、自分が賠償を受けられないというリスクがあります。損害賠償金は支払い義務がありますが、加害者に支払い能力がなければ結果として被害者は泣き寝入りすることになるでしょう。そうならないための対処法を理解しておくことが大切です。

無保険事故を起こした場合の対処法として役に立つのが自分で加入している任意保険の「無保険車傷害保険」と「人身傷害保険」です。
無保険車傷害保険とは、自動車保険に加入していない自動車と事故を起こして自身が後遺症や死亡などに至った際に自分が契約している対人賠償と同等の金額を受けることができる保険です。対人賠償を無制限でかけている場合は最大で2億円までの補償を受けることができます。ただし、怪我の治療費の補償はうけられません。
人身傷害保険とは、相手の有無や過失に関係なく交通事故による怪我の治療費を補償される保険です。契約内容によりますが約款に規定された範囲での治療費や慰謝料などが支払われます。
ちなみに、自分の破損した自動車を修理したい場合は「車両保険」を使うこともできます。

無保険車障害保険は、使っても等級が下がることはないので保険料の値上がりを懸念する必要はありませんが、人身傷害保険と車両保険はオプションの保険なので使うことで等級が下がるため、軽度の怪我などの場合には利用しない方が良い可能性もあります。

まとめ

まとめると、無保険事故を起こした場合には自分の任意保険が頼りとなりますので、そう言った意味でも任意保険への加入が勧められています。
しかし注意したい点もあります。親切ではない保険会社の場合、無保険車傷害保険について明確に説明しないケースもあるようです。無保険車傷害保険は交渉により損害の補償が増額する可能性があり、保険会社にとってはあまり適用したくない保険だとされています。そのため、自信で補償内容を確認しておくことも大切でしょう。