警察による交通事故の実況見分と過失割合

交通事故が起きてしまったら、最優先にしなくてはならないことは怪我人の救護、そして警察にも必ず届け出をします。この届け出は、怪我が大したことがない・物損だけといった理由に関わらず必ず必要です。
交通事故の届け出があると、警察では実況見分を行います。実況見分では交通事故発生時の状況や目撃者情報などを確認して調書が作成されます。この実況見分の結果、その事故に事件性がないことがわかればそれ以上警察の介入はなく、事故の解決については当事者間での話し合いに委ねられます。
この話し合いが示談交渉で、実際に被った損害額を細かく計算して被害者が加害者にいくら損害賠償請求するかを決定する話し合いです。
ここで、損害賠償請求では過失割合が重要になってきます。過失割合というのは、その交通事故の発生時において当事者双方のどちらにどのくらいの不注意や落ち度があったかを数字の割合で示すものです。そして、実際に被った損害額より自分の過失割合分を差し引いて相手に損害賠償請求します。これを過失相殺と言い、自分の過失割合が大きいと相手に損害賠償できる金額が少なくなってしまう仕組みです。
過失割合についても、示談交渉で決定します。過失割合を決めるにあたっては、事故発生時の警察による実況見分書がベースとなります。ここで、示談交渉は事故の当事者間の話し合いなのですが、加害者は自動車保険に付いている示談交渉代行サービスを活用しますから実際の話し合いは被害者対相手の保険会社で進めていくこととなります。
保険会社は示談交渉のプロフェッショナルですし、支払う賠償金の額はなるべく抑えたい立場にあります。そのため正当に過失割合を決定したり交渉を進めていくには、被害者にも相応の知識が必要です。そこで、被害者になってしまったら、示談交渉の過失割合や賠償金の額で損をしないためには弁護士の先生に早めに相談してサポートを受けたり示談交渉の代理人を引き受けてもらうのが一番いい対策方法です。
示談交渉に強い弁護士の先生は、被害者が受け取る賠償金の額を正当に最大限引き上げるべく尽力してくれるはずです。弁護士の先生に相談するタイミングは、示談交渉が難航したり決裂といったトラブルになってしまってからよりも、できるだけ早い段階で、できれば交通事故が発生した直後に相談しておくと安心です。事故発生直後に弁護士の先生に相談しておけば、後々の過失割合に大きく関係してくる警察の実況見分時における有利なアドバイスももらえるからです。