保険の弁護士特約で交通事故弁護士の相談費用も安心

任意自動車保険の特約

任意の自動車保険にはいろいろな特約があります。その中でも、弁護士費用特約を付加していると交通事故の被害者になってしまった時に安心です。
事故に巻き込まれると、いろいろな方面で多大な損失があります。まず大切なのは、身体面のケガをしてしまえば入院や通院でしっかり治療を受けることです。加えて、持ち物が壊れれば修理したり買い替える必要がありますし、ケガで休業してその間収入が減少ということも起こります。さらには、忘れてならない損害として精神的にも大きな苦痛を受けてしまいます。被害者は、こうしたいろいろな損失について相手に損害賠償請求できます。
交通事故が起こってしまったら、まず最優先でしなくてはならないのはケガ人の救助ですが、合わせて警察にも必ず届け出をします。警察への届け出は、事故が小さいとかケガをしていないからといった理由に無関係に必ず必要です。警察では、届け出があると現場で目撃者情報を調査したり検分をして調査書を作ります。この実況見分にて事故に事件性がないと認められれば、その後警察としての介入はなく、当事者どうしでの解決に委ねられます。
当事者どうしは、和解の方法を決定するために話し合いをします。この話合いが、示談交渉です。示談交渉では、どの分野でどれだけの損害があったかなどを整理して加害者から被害者に支払う賠償金の額や内訳を細かく決めます。
示談交渉は事故の当事者の話し合いですが、実際に交渉するのは加害者サイドでは保険会社担当です。これは、ほぼ100パーセントの自動車任意保険には運転していて事故を起こしてしまった際に備える示談交渉代行サービスがあるためです。このサービスを使い、加害者は保険会社に味方についてもらいます。

保険会社と直接交渉するのは困難

被害者サイドでは、自分に過失がなく相手への賠償の責任も生じていないと自分の示談交渉代行サービスを使って保険会社に間に入ってもらうことができません。しかし、被害者が自分で保険会社と交渉するのはなかなか困難です。というのは、保険会社は示談交渉のプロフェッショナルですし、立場はといえば加害者から被害者への賠償金を代わりに保険金として支払う立場ですから少ない金額で早期に示談成立に持ち込むことが考えられます。
被害者に知識があれば別ですが、保険会社から提示された金額をしっかり見極めて交渉に臨むのは難しいことです。そこで、被害者になってしまったら交通事故を専門にしている弁護士に相談するのが最善策です。弁護士は、被害者の味方として示談交渉をサポートあるいは代行して被害者が正当な金額の賠償金をもらえるべく尽力してくれます。

よりスムーズな解決のために専門家に!

治療費や、休業の補償は実費や収入ベースの計算式で計算されますが、精神的苦痛に対する慰謝料は金額に幅の出やすい部分です。それは、慰謝料では精神的苦痛という点から個人差による格差を減らすために計算基準が作られていますが、その基準自体がいくつもあって使う基準で金額が左右されるためです。交通事故に強い弁護士に相談すれば、慰謝料が高額計算される裁判基準で交渉してもらえるので被害者が自分で交渉にあたるよりも増額が可能です。また被害者が主婦など収入のない方のケースでも、所定の賃金表を用いた休業補償を正当に交渉してもらえるので有利です。
法律相談するとなると、その費用が心配という方は多いです。法律相談の費用は相談・着手金・成功報酬から成っていますが、最近は成功報酬のみのシンプルな料金体系の法律事務所も増えてきています。また自動車の任意保険の弁護士費用特約は、交通事故で被害者となってしまった時に弁護士相談の費用を保険で補償するという内容の特約です。この特約があれば、交通事故に遭ってしまった時に費用の心配をしないで法律相談できます。