車が最も不利な状況にある

交通事故が発生した場合、どのような乗り物に乗っていたのかによって、状況が有利にも不利になることもあります。もし車とバイクが事故を起こした場合、車の方が不利になることが多いのですが、バイクと自転車が事故を起こした場合には、逆にバイクの方が不利になってしまうことが多いのです。最も交通事故で被害者になりやすいのが歩行者なのですが、例えば歩行者が信号を無視して横断歩道を渡り、車と接触事故を起こしたとしましょう。

このような場合、常識で考えれば信号を無視した歩行者が100パーセント悪いと考えるのが普通です。しかし、実際には信号無視をした歩行者も悪いが、きちんと回りを見ていなかった車も悪いという風に解釈されてしまうのです。それが車同士であれば、確実に信号無視をしてぶつかってきた方が悪くなるでしょう。このように弱い立場にある人の方が、交通事故では有利になることが多くなっています。これでは当然納得いかないという人も多いでしょう。

こんなときこそ弁護士に依頼をして、間違いなく相手の方が悪いということを告げて、裁判できちんと証明する必要があるのです。実際には車が最も不利な状況にあると言えるのですが、止まっている車にバイクや自転車がぶつかってきた場合には、当然ぶつかってきたバイクや自転車が悪くなるケースが多くなっています。このように車が確実に停車している、駐車場などに止まっていれば、車が加害者扱いされてしまうということはまずありません。

このような点をしっかりと覚えておくと、もし後ろのバイクがぶつかってきそうだ、横を走っている自転車がぶつかってきそうだと感じた場合、停止してしまえばよいのです。ただし、急停車してぶつけられてしまうと、急停車した方にも非があるという解釈をされてしまうので、ゆっくりとスピードを落として止まってしまいましょう。もし自分はきちんと注意して走っていたのに、被害者ではなく加害者扱いされた場合には、弁護士への依頼が欠かせません。